メニュー

理念・活動方針 - 川崎医療生活協同組合

理念・活動方針

私たちの理念philosophy

健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる。

私たちの使命mission

  • 地域に健康づくりを広げます。
  • 誰もが安心してくらし続けられる地域社会づくりに参加します。
  • 多様な人々が共生できる社会づくりを推進します。
  • 無差別・平等の医療と福祉の実現をめざすと同時に、安全・安心で質の高いサービスを提供します。
  • 核兵器廃絶と世界平和の実現をめざす活動を推進します。

私たちのめざす社会の姿society

  • 安心して子育てができる。健やかに子どもが育つ。
  • 元気な高齢者の活動の場が広がっている。
  • 認知症高齢者や要介護者が暮らしやすい。
  • 障がい児・者が差別なく安心して生活できる。
  • 近所づきあいが活発で、福祉の視点を中心に据えたまちづくりが進んでいる。
  • 医療・介護・福祉が地域の団体・個人と連携・協力しながらまちづくりが進んでいる。
  • ディーセント・ワーク(働きがいある人間らしい労働)が実現されている。
  • 個人の尊厳を大切にし、多文化共生を実現している。

2025年の将来像vision

  • 川崎医療生協は医療・介護・福祉の要として、地域から信頼される存在になっている。
  • 川崎医療生協はすべての世代を対象に「健康の社会的決定要因(SDH)」の視点を持って「地域まるごと健康づくり」を推進する。
  • 川崎医療生協は多くの人たちが地域の困った(要求)を持ちよる組織になっている。
  • 川崎医療生協は組合員がより自主的・主体的に運動を進める組織になっている。
  • 川崎医療生協は2030年に向けて「持続可能な開発目標(SDGs)」を地域と一緒に推進している。

2020年度のテーマ

「誰一人取り残さない、健康で居心地の良いまちづくりをすすめます」

- 顔の見える関係づくりを地域ですすめます -

いのちの章典Biography

 日本生活協同組合連合会医療部会は「医療生協の患者の権利章典」「医療生協の介護」を策定し、事業と運動の質を高めてきました。これらの活動を引きつぎ、2010年日本医療福祉生活協同組合連合会(医療福祉生協連)が発足しました。
医療福祉生協は、いのちとくらしを守り健康をはぐくむ事業と運動を大きく広げるため、これらの成果を踏まえ、
医療福祉生協連の設立趣意書の内容を基本にして 「医療福祉生協のいのちの章典」(いのちの章典)を策定します。
「いのちの章典」は、憲法をもとに人権が尊重される社会と社会保障の充実をめざす、私たちの権利と責任を明らかにしたものです。

いのちの章典 全文

SDH(健康の社会的決定要因)とは

「健康」は、遺伝子や生活習慣など生物学的要因だけでなく、多くの要因が関与します。

その一つが「社会的要因」で、個人の所得や家族状況、友人・知人とのつながり(社会的ネットワーク)などの「個人の社会・経済要因」と、国の政策や職場・コミュニティーでの人のつながりの豊かさ(ソーシャル・キャピタル)を含む「環境としての社会要因」があります。
これらを統括して、「健康の社会的決定要因」と呼びます。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

SDGs

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

川崎医療生協イメージキャラクター

ハッチ君

川崎医療生協のイメージキャラクター「はっちくん」は、川崎医療生協も加盟する医療福祉生協連が推奨している、「8つの生活習慣と2つの健康指標」という健康習慣の「8つ」から「はっちくん」と名付けました。

【8つの生活習慣】
 1 生活リズムを整え快適な睡眠をとる
 2 心身の過労を避け、充分な休養をとる
 3 禁煙にとりくむ
 4 過度の飲酒をしない
 5 適度な運動を定期的につづける
 6 低塩分、低脂肪のバランスのよい食事をとる
 7 間食せず、朝食をとる規則正しい食生活
 8 1日1回以上汚れを落としきる歯みがきをする

【2つの健康指標】
 1 適正体重、適正体脂肪、適正腹囲を維持する
 2 適正な血圧をめざす

Copyright© 川崎医療生活協同組合All Rights Reserved. login